忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花と祈りと。

ようやく暖かくなってきましたね。
花粉症なので、なにかと散歩しにくい今日この頃です。

なので、今日は丹の庭を散歩です。

梅はすっかり散ってしまいましたが、
そのかわりにこんなかわいい花が咲いています。

ほっこりと心があたたかくなるようなこの花は、
ハナニラというんだそうです。

ハナニラはニラ科の多年草。
葉には野菜のニラやねぎのような匂いがあることから、この名がついたんだとか。
花粉症で鼻がやられているので残念ながら匂いはわかりませんが、
花は葉とはちがって甘い香りがするそうです。
ベツレヘムの星と呼ばれるように星型の花。
ちなみに食べても無害だそうですが、まずいそうです。

地震のあと、なにかと暗くなってしまうことが多いですね。
被災地の様子も目を覆いたくなるようなものですし、
原発の事故も不安になります。
幸いにも鎌倉はさしたる被害もなく、
計画停電があったり節電で街が暗かったりするくらい。
こうして何事もなく春の訪れを感じていられるというのは、
ものすごく幸せなことに思えます。

ラジオで松山千春さんがおっしゃていた言葉です。
「知恵がある奴は知恵を、力がある奴は力を、金がある奴は金を、
自分は何にもないよという奴は元気を出せ」

こんな時だからこそ明るく元気にいたいですね。
被災された方の分まで。

地震からちょうど1ヶ月となる4月11日の月曜日に、
『東北地方太平洋沖地震追善供養 復興祈願祭』が開催されます。
鎌倉の宗教者が神道・仏教・キリスト教等、宗旨・宗派を超え、
鶴岡八幡宮に集まって祈りをささげた後、
僧侶や雲水さんが中心になって若宮大路を托鉢しながら南下し、
由比ケ浜で海に向かってお祈りをするそうです。

詳細は後日発表されるようですが、随時twitter
で更新されていますので、
見られる環境にある方はご覧になってみてください。

Pray From Kamakura.
すべての人が笑顔でいられますように。
PR

梅は咲いたか。

あけましておめでとうございます。

比較的暖かいと言われる鎌倉でも、
このところ寒い日が続いておりますが、
近所の梅見坂では、もう梅の花が咲きはじめています。

着実に春は近づいているのですね。

とはいえ、まだまだ寒い日が続きそうですので、
どうかご自愛くださいませ。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

紅葉だより。

お天気も良かったので、久しぶりの鎌倉散歩です。

鎌倉の紅葉はちょうど今が見ごろ。

まずは、北鎌倉の円覚寺へ。

方丈の窓にうつるもみじが綺麗です。

このかわいいお花は、ヒメツルソバ。
よく道端などにも咲いてますが、ここの群生は見事です。

境内の一番奥、黄梅院へ。
地面も落ち葉で秋色です。

山門を出ると素敵なサプライズ。
最後の最後に綺麗な紅葉が見られます。

ちょうど今が見ごろということで、観光の方も多かったです。
まるでお祭り?という感じですが、ある意味お祭りですね。
本格的に寒くなる前の、今この時期だけのお楽しみ。

つづいて明月院へ。

あじさい寺として有名ですが、この時期、紅葉も見事です。



もみじの中には…

来年は卯年ですね。

浄智寺の裏からハイキングコースを通って、源氏山へ。

桜の季節にはにぎわう源氏山ですが、紅葉も見事なものです。

赤と黄と緑、コントラストが綺麗でした。

地面はすっかり銀杏色。


ここは春には桃の花が咲くところ。
こちらは今年の春の様子です。


ここからは海が見えます。

お天気が良ければ大島も。

陽が当たって猫も気持ちよさそう。

ちょっと一緒にお昼寝がしたくなりますね。

ぽかぽかと内側から暖かくなるような秋の一日でした。

鎌倉 桜だより。

ようやく暖かくなってきましたね。
山の桜も散りはじめていますが、綺麗です。

手仕事工房 丹(あき)のホームページでもご紹介した、
鎌倉駅から源氏山を抜けて、梶原の丹へと至る散歩コース。

桜だより

春の暖かな陽気に誘われて歩いてみました。
今回歩いたのはこのコース。


より大きな地図で 桜だより を表示
地図上の青いポイントをクリックすると、その場所の画像が見られます。
地図をズームしていくと、ストリートビューで今回のコースを見ることもできます。
また、本文中の画像はクリックすると、大きなサイズの画像が見られます。

少し長いので、「続きを読む」からどうぞ→

続きを読む

大銀杏。

鎌倉の八幡宮の大銀杏が倒れてしまったそうです。

昨夜ニュースを知り仕事帰りに寄ってみました。

画像では暗くてなんだかわかりませんが、
根元から倒れてしまってました。

なんだか寂しいですね。

カウンター

 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

最新記事

 

最新コメント

[10/17 SATO-SHIT]
[10/16 SATO-SHIT]
[08/17 丹の息子]
[08/17 丹の息子]
[07/30 寺口]