忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

材木座。

夏本番。
というには少し涼しい日もあったりしますね。
過ごしやすくて良いのですが、少し寂しいような。

材木座海岸へ行ってきました。

鎌倉駅から行くと少し遠くて不便なせいか、
由比ガ浜とちがって人も少なめで、ゆったりのんびり。

あいにくの曇り空で、水に入ると少し寒いほど。

スイーツ男子としてはブルーシールのアイスがあったのが嬉しかったです。
左がチョコミントとバナナ。右がココナッツとピスタチオ。
どちらも美味しい!

また行きたいですね。食べに(笑)

さて、いよいよ今週の土曜日、7月30日は、鎌倉大線香花火大会です。
こちらは材木座のお隣、由比ガ浜海岸のクイックシルバー前での開催。

楽しみですね。

詳細は公式サイトでご確認ください。
http://730kamakurahanabi.wordpress.com/
PR

万灯@浄光明寺。

先週の土曜日、扇ガ谷の浄光明寺で行われた万灯に行ってきました。

朝起きたら土砂降りだったので、天気が心配でしたが、
お昼頃には止んで一安心と思いきや、
万灯がはじまるころにはまたパラパラと降ってきてしまいました。

小雨降る中、客殿では臨済宗の僧侶の方々による読経がおこなわれていました。



階段をのぼって仏殿のほうへ。
国の重要文化財であるご本尊の阿弥陀三尊像の夜間特別公開もされていました。

そのさらに奥、観音堂でも読経が。

真言宗のお経はどこかリズミカルでグルービーでした。
なんとなくラップぽいお経。

浄光明寺はじめておうかがいしましたが、
山の中の静かな空間でした。
この日はあいにくの雨でしたが、
また天気の良い昼間に行ってみたいお寺でした。

その後、山門のところで、先日お伝えした
鎌倉大線香花火大会のちらしを、実行委員のみなさんと配りました。

「Twitter見てます」とか「楽しみにしてます」とか、
みなさん好意的に受け取ってくださり、感激でした。
これからどんどん拡めていきたいと思います。

手仕事工房 丹にもちらしを置いてありますので、
お近くの方はお気軽におこしください。

帰り道、鎌倉駅までぷらぷら歩いていたら、
扇川に蛍が光ってました。
蛍見物も行きたい今日この頃です。

鎌倉大線香花火大会。

3月11日。
東北地方を襲った大地震とその被害状況をうけて、
日本全国で夏の花火大会の中止が決定しました。
私たちの町、鎌倉も例外ではありません。
7月25日に予定されていた花火大会は中止。

そんな時、ツイッター上で沸き起こった、
「それなら鎌倉市民が自分たちで花火大会をやればいい!」の声。
本当にやりましょう。
でも、打ち上げ花火や音の出る派手なものではなく、線香花火で。
この記録的な災害被害、そして今なお続く原発問題の中、
被害者の追悼・鎮魂と祈りの意味を込めて。

市民による大線香花火大会を開催します。
僕も微力ながらお手伝いさせていただいております。

開催概要
2011年7月30日(土)20:00〜21:00(キッチリ終了)
鎌倉 由比ケ浜海岸にて

各自、線香花火を用意して、海岸に集合。
鎌倉市内の僧侶有志による鎮魂読経に合わせて祈り、のち、線香花火。

自分たちでやりましょう!

もう、何かに期待するより自分たちで行動。
3.11以降の新しいやり方を、鎌倉から発信していきましょう。
参加する方も、自分でできることを考えて自発的に。
準備~当日までのアイディア大歓迎です。

砂浜を汚さないように!

せっかく集まって花火を楽しんでも、
終わった後がゴミの山では恥ずかしい・・・。
当日は、ゴミは各自で責任を持って持ち帰りましょう。
ゴミゼロのアイディアも募集します。

みなさまお誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。

詳細、お問い合わせは、公式サイトまたは、
Eメール:0730kamakura@gmail.com
twitterアカウント:@kama_sen730 ハッシュタグ:#kama_sen730
facebookページ:http://www.facebook.com/pages/自主鎮魂725鎌倉大線香花火大会/161537737240314
までお気軽にお寄せください。

手仕事工房 丹でもフライヤーを配布する予定です。

万灯。

昨日鎌倉で行われた東日本大震災追善供養の万灯
長谷寺と光則寺、鎌倉宮や大船観音寺で行われましたが、
長谷寺光則寺に行ってきました。

まずは光則寺へ。
ろうそくの灯りに導かれながら山門をくぐって境内へ。









この本堂は1650年に建てられたものなのだそうです。



Pray From Kamakura.

鉢の中にもろうそくが。



ひっそりと趣きのある空間でした。
鳥の声を聞きながら山門を出て振り返ると綺麗な三日月。

つづきはこちら

鎌倉からの祈り。

4月11日に鎌倉で行われた『東北地方太平洋沖地震追善供養 復興祈願祭』の模様が、
Kamakura Pray ProjectのUstreamの公式アカウントで見ることができます。

鶴岡八幡宮舞殿での追善供養復興祈願祭事の様子。


由比ガ浜海岸での追善供養復興祈願祭事の様子。


当日はこちらでも比較的大きな余震がありました。
いつになったら落ち着くのかわかりませんが、
一日も早くその日が来ることを願ってやみません。
この祈りが届くと良いですね。

カウンター

 

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

 

最新記事

 

最新コメント

[10/17 SATO-SHIT]
[10/16 SATO-SHIT]
[08/17 丹の息子]
[08/17 丹の息子]
[07/30 寺口]